沖縄の食材

チラガー・ミミガー - 食材の情報サイト「沖縄の食材」


沖縄の市場などで豚の顔が売られているのを、実際の市場やテレビの映像で見たことはありませんか?そう、あれが「チラガー」です。チラガーは豚の顔の皮のこと。「面(ツラ)」がなまって「チラ」、「ガー」が「皮(カワ)」ですね。豚の顔そのままに売られている姿はかなり衝撃的ですが、あれは単なる飾りや魔除けのために置かれているわけではないのです。れっきとした食材として、販売されているんですよ。ミミガーのコリコリした食感に対して、チラガーはゼラチン質のプルプルした食感が特徴ですが、わりと歯ごたえもあります。豚の数ある部位の中でも最もコラーゲンが豊富で美容にもいいので、女性には特におすすめです!見た目の怖さに負けず、美肌のためにもぜひとも一度チャレンジしてみてくださいね。

対して、「ミミガー」は豚の耳の皮のことをいいます。食材としては、チラガーよりもこちらの方が有名かもしれませんね。ミミガー自体には特に味があるものではなく、コリコリした食感を楽しみます。強いて言うなら中華料理で使うクラゲが近いでしょうか。芯の部分は軟骨なのでこのコリコリとした食感が楽しめるのです。こちらもコラーゲンが多量に含まれているので女性におすすめです。

チラガー・ミミガーの食べ方

まずはチラガーですが、食べ方はいろいろです。茹でてスライスしたものを酢醤油で食べたり、チャンプルー(炒め物)、和え物、煮こごり、そしてラフテーのように煮込んでみたり…。スモークされたものも売られているので刻んでそのままおつまみにもいいですね。

どこで売っているの?

チラガーを一番よく目にするのは、圧倒的に市場ですが、実はスーパーでもパック詰めされて売っていることがあります。これはちょっと衝撃でした。また、お土産屋さんでもスモークして真空パックになったものなどが売られています。インパクトのあるお土産としてもいいかもしれませんね。もちろん見た目のインパクトだけでなく、食材としても優秀ですから。

ミミガーはゆでて千切りにしたものが市場やスーパーなどで売られています。ピーナッツ和えにして食べられることが多く、居酒屋のお通しなんかでも普通に出てきますし、お祝いのお膳の和え物としても欠かせません。ミミガーのキムチなどもありますね。スライスして味付けされたものがお土産品としてもよく売られているので、見た目的にも、チラガーよりチャレンジしやすいでしょう。