沖縄の食材

三枚肉 - 食材の情報サイト「沖縄の食材」


「三枚肉」って?

「三枚肉」とはバラ肉のことです。赤身と脂身が交互に3層になっているので三枚肉(さんまいにく)とも呼ばれています。沖縄では「バラ肉」という言い方はあまりされず、「三枚肉」が一般的です。沖縄の方言では「ハラガー」という言い方もします。

ロース以外のお腹の部分の肉のことで、豚肉の中で、脂肪分が一番多い部位です。マグロで言ったら大トロ、牛で言ったらカルビといった感じでしょうか。脂身が多い部分ではありますが、三枚肉はその脂身にこそおいしさが詰まっているのです。赤身と脂身が同じような割合で、きれいに層を成しているものが良質な肉とされています。値段がお手頃なこともあって、豚肉の中ではもっともよく使われる部位です。また、沖縄では皮つきで売られていることが多いです。

三枚肉の栄養価

三枚肉は脂身の多い部分ですが、脂身には、コレステロールを下げるオレイン酸やステアリン酸が含まれています。そして、皮膚や骨、眼の健康には欠かせないコラーゲンが豊富です!沖縄では、三枚肉はまず茹でて余分な脂をしっかり落としてから使われるのが基本です。そのため、意外とヘルシーなんですね。

三枚肉の食べ方

代表的な沖縄料理である「ラフテー」は沖縄風豚の角煮です。皮つきの三枚肉を使い、また日本酒の代わりに泡盛を使うのも特徴です。また、三枚肉は沖縄そばの具材としても欠かせない食材です。味付けされた三枚肉が沖縄そばの上に載るのです。伝統的な沖縄料理のひとつである「スーチカー」は、塊のままの三枚肉をしっかりと塩漬けした後、塩抜きして時間をかけて茹でたものです。もともとは冷蔵庫のない時代に保存食として作られていました。薄くスライスしてそのまま食べたり少し炙って食べたり、また他の料理の具材としても使われます。そのほかにも昆布や大根と合わせて煮付けにされたり、汁物に入れたり、小さく切って炊き込みご飯の具として使われたり、もちろんチャンプルーやイリチー(炒め煮)にも欠かせません。