沖縄の食材

ソーキ - 食材の情報サイト「沖縄の食材」


「ソーキ」には「本ソーキ」と「軟骨ソーキ」があります。「本ソーキ」はいわゆるスペアリブで、硬いあばら骨が付いたあばら肉を言います。「本ソーキじゃないとソーキとは言えない」という人もいるくらい、沖縄本来のソーキ料理なのです。一方、「軟骨ソーキ」はあばら軟骨が付いたあばら肉。本ソーキの骨は食べられませんが、長時間煮込まれた軟骨はトロトロと柔らかくなり、肉と一緒に食べることができます。好みが分かれるところですね。

ソーキの栄養価

煮込んだ時に骨髄から出るエキスには老化防止効果があると言われています。おいしいだけでなく、身体にもいいのですね。

ソーキの食べ方

ソーキは骨が付いているので、煮込むと骨からもいい出汁が出ます。ソーキを使った代表的な料理と言えば「ソーキの煮込み」「ソーキ汁」そして「ソーキそば」です。「ソーキの煮込み」はソーキを水からゆっくり時間をかけて茹で、茹でこぼしたら肉を洗ったあとで改めて、醤油、泡盛、黒糖、昆布、鰹だしなどで長時間じっくり煮込んで味を浸み込ませます。伝統的な沖縄料理のひとつですね。ソーキだけ、また、昆布や大根、豆腐などと合わせて「煮付け」として頂いたりもしますよ。こちらも伝統的な料理のひとつである「ソーキ汁」は、昆布や大根、シブイ(冬瓜)などと一緒に煮込んだ汁物です。また、先ほどもお話しした通り、沖縄そばの具材として使われるのはご存知の通り。味付けされたソーキが載った沖縄そばが「ソーキそば」です。沖縄ではこのように、煮込みや汁物で頂くのが一般的です。いずれも一度茹でて下処理したものを調理するので手間のかかるお料理なのです。