沖縄の食材

塩 - 食材の情報サイト「沖縄の食材」


沖縄では昔、一般的には自然塩が使われていました。ところが1972年の沖縄復帰とともに、当時の日本の政策によって専売公社が扱う「食塩」だけしか販売できないことになってしまったのです。しかしこの「食塩」はというと、イオンの性質を利用して電気の力で海水から塩化ナトリウムだけを集めたものなので、ほぼ塩化ナトリウム100%。ミネラルなど含まれていないものでした。これに対して沖縄の人々は猛反発。ただ辛いだけで旨みのない食塩は沖縄の人々には受け入れられませんでした。それに、沖縄の塩を使って作られていた伝統的な保存食であるスクガラス(アイゴの稚魚の塩辛)やスーチカー(豚三枚肉の塩漬け)などが食塩ではうまくできず、なぜか傷んでしまったそうです。これはミネラルが入っていないからなのでしょうか??人々からは熱心な抗議がされ、専売公社と協議を重ねた結果、天日塩(メキシコまたはオーストラリア産)を再生・加工する方法であれば、という許可が出たため、輸入天日塩を沖縄の海水で溶解し、平釜で煮詰めて再結晶するという現在の製法(再生加工塩)が生まれたのです。