沖縄の食材

シークヮーサー - 食材の情報サイト「沖縄の食材」


青切りのシークヮーサーはレモンやスダチのように焼き魚や揚げ物にかけたりして香味、酸味として使われるのが一般的です。沖縄ではお刺身の醤油に入れたりもします。さわやかな香りと酸味が白身の魚にぴったりです。また、別項でご紹介しているドラゴンフルーツにかけると、ドラゴンフルーツがとても美味しくなるのでおすすめです。その他、泡盛を飲むときにキュッと絞るとすっきりした味わいになります。一つ一つが小さな果実なのでちょっと手間ではありますが、大量にあるときは果汁を絞ってシロップを入れて、フレッシュシークヮーサージュースにするのもいいですよ!

このように、沖縄ではレモン代わりによく使われるので、シークヮーサーの原液というものも瓶詰めされて売られれいます。濃縮されているので、ジュースにするときなどは薄めて頂きます。

熟した果実には適度な甘みと酸味があるので、そのまま頂くことができます。