沖縄の食材

加工食品 - 食材の情報サイト「沖縄の食材」


沖縄と加工食品

沖縄は戦後長い間、アメリカの統治下にありました。そのため食文化にもアメリカの影響を色濃く受けた部分が見られます。復帰後の現在でも、いくつもの米軍基地があり、外国人も多く住んでいる沖縄。外国から入ってきた新しい食文化を受け入れながら、「ちゃんぷるー」=ごちゃまぜにして、みごとに自分たちの食生活の中に融合させ、新たな食文化を築き上げてきたのです。

また、戦時中や戦後の食糧がない時代を経験してきており、また暑い地域である沖縄だからでしょうか、保存のきく缶詰やレトルトパウチの加工食品が今でも人気があります。その中でも非常にポピュラーで食卓に上る機会も多い2つの食材をご紹介致します。

そして、項目としてピックアップはしませんでしたが、触れておきたいのが「ツナ缶」。沖縄県はツナ缶の消費量、圧倒的に全国1位なのです。沖縄ではツナ缶は箱買いするのが当たり前。お中元やお歳暮の時期でなくても、スーパーには箱入りのツナ缶が陳列されているのです。しかもサラダよりもチャンプルーの具材として使われることが多く、「ソーミンチャンプルー」(そうめんを使ったチャンプルー。炒め物)の具にはぴったりです。