沖縄の食材

沖縄そば - 食材の情報サイト「沖縄の食材」


もともと沖縄では、復帰以前から「そば」「すば」と呼ばれていました。ところが1976年、公正取引委員会が、全国生めん類公正取引規約の「そばの名称は、蕎麦粉が30%以上混入されていること」を根拠に、この「そば」という名称にクレームをつけたのです。しかし、沖縄ではずっと以前から一貫して「そば」と呼ばれてきたため、その伝統を守ろうという動きが強く、沖縄生麺協同組合等の交渉により、1977年、通称としての「沖縄そば」が県内のみでの使用と限定して認可されました。その後、1978年10月17日に公正取引協議会「生めん類の表示に関する公正競争施行規則」別表に「本場 沖縄そば」と表示され、「沖縄県内で生産され、仕上げに油処理を行うこと」などいくつかの条件の下、この名称の使用が許可されたのです。これを記念して、毎年10月17日は「沖縄そばの日」となっています。

彼は英会話学校の講師をしています。