沖縄の食材

ンジャナ - 食材の情報サイト「沖縄の食材」


ンジャナには、ビタミンAやビタミンC、ビタミンKといったビタミン類の他、カルシウム、カリウムなどのミネラルも豊富に含まれています。

葉を煎じて飲むと解熱作用があるとされ、昔の沖縄では風邪で熱があるときは鮒(フナ)と一緒に煮込み、煎じ薬として食べていたそうです。(ターイユシンジー)また、ンジャナは胃腸薬や夏バテの薬としても使われてきました。高血圧や下痢にも効果があるそうです。

ンジャナの食べ方

ンジャナは、汁物やかき揚げなど、火を通して食べられるほか、生の葉を細かく千切りにし、豆腐とピーナッツバターで白和えにする「ンジャナバスーネー」が一般的です。 ンジャナの苦みとピーナッツの甘みが絶妙です。