沖縄の食材

パパイヤ - 食材の情報サイト「沖縄の食材」


加熱して食べる場合は細切りにしてチャンプルー(炒め物)やイリチー(炒め煮)にされることが多いです。この食べ方が沖縄では一番一般的です。また、角切りにして煮物に使われることもあります。煮ると大根のような食感になります。パパイヤに含まれるパパインという酵素はたんぱく質を分解する働きがあるため、煮込む前の生の状態でパパイヤと肉を一緒に漬けておくと、肉を柔らかくしてくれます。